読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

httpdの導入方法メモ

//このエントリは実習の下調べ兼自分で今後使うときのための指針にするつもりで書いてます

 

導入環境

ハードウェア面

サーバ機内に構築した仮想サーバ上への構築

ソフトウェア面

仮想サーバ上のOSは Cent OS 7

httpのみ使える環境を構築します(PHP等はなし)

 

導入手順

1.コマンドライン上でインストールを行う

実行するコマンドは以下の通り

# yum install httpd

yumコマンド

  yum(Yellowdog Updater Modified) 

    Linuxで用いるパッケージ管理システムの一つ

    大まかに言えば導入したい機能を一括で導入するためのシステム

  主なオプション

     -y:問い合わせ(インストール等の際の許可等)があった時に自動でyesと答える

    install:パッケージをインストールする

    update:パッケージをアップデートする

 

2.設定を行う

  1.サーバ名等の設定

     設定ファイルの設定を行います

      vi /etchttpd/conf/httpd.conf

   で設定ファイルを開く

 

      (Viエディタの話は 

 

poolbooyer.hatenablog.jp

 

以上のエントリで確認してください)

 

     ファイル内の以下の行を

      ServerName www.example.com:80

    を設定したいサーバ名に変更します

    80の部分はポート番号を示します

 

     .htaccessファイルの使用するかどうかの設定を行います

     .htaccessファイルはサーバの挙動の設定ファイルの一種です

    AllowOverride None

    と記述されている内容を適用する範囲に合わせて変更します

 

  2.権限等の変更

    アクセスできるようにするところ(サイトのファイル)以外は管理者のみの権限付与に変更しておく必要があります

 

3.サーバの起動

  webサーバの起動

   以下のコマンドを実行してサーバを起動します

    systemctl start httpd

 

    ポート80番のオープン

    ルータの設定を行ってポート80番を解放します

 

      外部からのアクセスが可能かテスト

      echo test>>/宛先/

  のコマンドを行い、アクセスできるかテスト

 

 

-----------------参考----------------------

【初心者でもわかる】yumコマンドの使い方とリポジトリの追加方法

 

[Apache] Options と AllowOverRide の設定値を改めて整理してみる | バシャログ。

 

Webサーバー構築(Apache) - CentOSで自宅サーバー構築