読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macのコマンド操作を追加

Macに自作コマンドを追加した話

 

コマンドって便利ですよね

プログラム書いてるとターミナルから操作することが多いんですけどその時に外部のappをコマンドで起動できるようにしとくとさらに便利だなと

 

やり方をまとめますか

 

今回の環境

macOS Sierra 10.12.4 Beta

 

作成しよう

1.ターミナルを起動

言うまでもないっすね

 

2.emacsで ".bash_profile"を開く

ターミナルで

emacs ~/.bash_profile

を実行します

(.bash_profileが存在しない場合は保存する時にファイル名を指定して保存)

3.内容を書く

実行したらemacsの画面に遷移します

まずはコマンドを探索する対象にするために以下を追加(か保存場所を探索対象の場所に)します

export PATH=$PATH:/*********/

(/**********/の部分に格納するディレクトリの場所を入力)

 

次にコマンドを作ります

 alias /作成したいコマンド/='作成したい動作'

作成したい動作の例

     コマンド操作がもともとあるもの:  ' '内にコマンドを書き込む

      appを起動する場合 : 'open $1 -a /***************/'

                                        (/************/内にappの場所を入力)

  //上記以外の操作は必要になったら改めて追記等します(多分)

4.完成したファイルを適応させる

完成したら ctrl-x ctrl-sで保存してctrl-x ctrl-cでemacsを終了します

適応(と言うか読み込む)ためには以下のコマンドを実行します

source ~/.bash_profile

これを行うことで作成したコマンドを実行するとappの起動等が行えます

 

その他

.bash_profileを使ってプロンプトの表示も変更することができます

export PS1="表示したい内容"

内容の例(私が使用した内容)

   \W :ディレクトリ(小文字の場合はフルパス)

   \u :ユーザ名

そのほかにも時間、ホスト名の設定、表示色の設定もできます

 

3/24  追記

 ちなみに私が作成した内容はこんな感じ

export PS1="\u \W > "

# プロンプトにuser ,ディレクトリを表示

export PATH=$PATH:/Users/ryo

 

alias cot='open $1 -a /Applications/CotEditor.app'

#"cot"を入力でCotEditorを起動

alias rm='rm -i'

#"rm"の実行時に確認を行うようにする

alias code='open $1 -a /Applications/xcode.app'

#"code"を入力でXcodeを起動

alias arduino='open $1 -a /Applications/Arduino.app'

#"arduino"を入力でarduinoを起動

 

#ruby関連

export PATH=/usr/local/bin:$PATH

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"

eval "$(rbenv init -)"

 

 

 

----------------参考------------------

【mac】ターミナルのプロンプトの変更 - Qiita

 

Linuxでよく使うコマンドをMacのターミナルに登録(エイリアスを作る) - Qiita