読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 ALL Asian DX コンテスト (Phone)

こんばんは

 

2016 ALL Asian DXコンテスト(Phone)に参加したのでその記録を残します。

 

今回のコンテストについて

コンテストの概要

第57回 ALL Asian DXコンテスト

 

1 開催日時

電話部門 2016年 9月3日(土)09:00から5日(月)09:00(JST)まで 

 

2 使用周波数帯
  
アマチュアバンド:160m(CWのみ)、80m、40m、20m、15m、10m

(以上  第57回 ALL ASIAN DXコンテスト規約 より引用)

 今回の参加方法

今回は学校の社団局にマルチオペの一員として参加しました。

 

今回のコンテスト当日の行動

1日目(9/3)(運用2人)

15:20ごろ いつもの運用場所へ

 

15:50ごろ 無線機(FT-991M)、ロギングの準備が済んだので21MHzから運用を開始

 

   今のJARLのコンテストってクラスタの使用もありなんですよね、、、

   今回はとても重宝しました。

 

18:00ごろまで21MHzでCQを出すDXの局とのQSOをしていました。

    50W運用ってこういう時に大変なのかというのを痛感。

    100W(もしくはそれ以上)を出せるようになりたいと思った運用でした。

 

その後7MHzでの運用に移行しました。

    バンドごとに聞こえる地域の変化を感じるいい体験をしたなぁ、、

    7MHzでの運用は特に運用している局が多いこともありパワー不足を感じました。。

この日はそのまま22時ごろまで運用をして終了

 

2日目(9/4)(運用+サブオペ4人)

7:30ごろ起床

7:50ごろ自宅を出る

この後JARL宮城支部、宮城ハムの集いに行って午後になりました。

1450ごろ 運用場所へ

15:00ごろ 21MHzでの運用から開始(FT-991M)

15:30ごろに他のオペレーターが集まってきたので7MHzの運用をすることに

 

16:00ごろからFT-991Mで7MHzで運用をし始めました。

そのまま結局23:00までオペレートしました。

 

3日目(9/5)(運用1人)

6:30ごろ起床

7:30ごろ運用場所へ

7:40ごろ IC-7200Mでワッチを開始(21MHz)

8:10ごろ FT-991Mに無線機を変更しQSO開始

8:59ごろ 中国の局とQSOし運用終了

その後片付けを行い終了

 

参加しての感想

DXのコンテストでの運用は初だったこともあり、おっかなびっくり運用を始めたのですが1日目のうちに運用に慣れることもでき、QSOを伸ばすことができました。

無線の運用はやっぱり経験が大事だと痛感。

 

QSOいただいた各局、DX運用された皆様、ありがとうございました。